産後ダイエットは骨盤の矯正がカギ

マタニティスイミングに通っていた時に、インストラクターの先生から「産後は骨盤の歪みを直しなさい!」と言われていました。

骨盤が歪んでいると、どんな影響があるのかというと、


O脚もX脚も、骨盤のずれが引き起こすものです。
骨盤や骨格にゆがみがあると、骨盤が開いてしまって、ヒップライン、脚のラインが崩れます。
そうなると、下半身全体の血行が悪くなり、新陳代謝が悪くなって、脂肪の付きやすい体になってしまいます。
また、その部分の内臓の働きが低下しがちになり、水分をため込むためむくみや冷え性になりやすくなります。
しかも、このゆがみは女性の子宮や卵巣の病気、肩こり、腰痛などを引き起こす可能性もあります。
その他にも胃腸の不調、頭痛や不眠症、疲れやだるさ、肥満。
どれも思い当たるものがない人はいないのではないでしょうか。
また、ゆがみが進行すれば膝関節痛、エスポロン(骨盤が傾いていることによって踵に重力がかかり、骨や筋肉が変形し骨の表面に隆起が生じる)、椎間板ヘルニア、座骨神経痛といった病気を引き起こすこともあります。

これが万病のもと?骨盤のゆがみ<http://www.wendy-net.com/nw/health/kotuban.html>


実は、私は産後に骨盤を戻すことについて、あまり意識していませんでした。

産後用の骨盤矯正ガードルも使ったものの、出産したのが7月だったので、暑くて面倒になり、途中で止めてしまいました。

そして今、体重は元に戻ったものの、妊娠前のジーンズがはけません。太ももがパンパンで上がらないんです。

そして、肩こり、腰痛、頭痛もちですし、疲れやすい。

この不調は実は骨盤の歪みが影響してたんですね。


骨盤の矯正は産後6ヶ月までが勝負!って聞くけれど、骨盤のゆがみによる影響を読むと、今からでも骨盤矯正を始めようと改めて思いました。

竹内結子さんが実践したという、インスパイリングダイエットは、産後、時間が経っていても大丈夫なのだそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41891618
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

骨盤矯正パンツ
Excerpt: 骨盤矯正の方法は、エクササイズをしたりカイロプラクティックに通ったり、グッズを使ったりと様々な方法で下半身の引き締めに効果があるので、実践すると腰周りがスッキリしてパンツのサイズも2サイズくらい細くな..
Weblog: 完璧☆産後ダイエット!!
Tracked: 2007-11-14 23:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。