授乳で産後ダイエット

私は、今1人の子どもがいます。元々、太りやすい体質で妊娠前からダイエットするものの、何度も挫折していました。


妊娠中は、「あなたは元々体重があるから、妊娠中毒症になる危険が高いです。

体重を増やさないでください」と言われ、カロリーに気をつけて、出産までに5キロ増にとどめました。

出産後は妊娠前よりマイナス1キロ。それでも元々太っていた私にとっては、標準体重オーバーです。

そんな私に、母乳育児を推進していた産院の看護師さんが「おっぱいを飲ませてたら、ママもきれいに痩せられるのよ。

赤ちゃんが泣いたら授乳間隔を気にしないで飲ませてごらん」と教えてくださいました。


一般に授乳は3時間おきなんて言われます。

でも、私は看護師さんに教わったように、とにかく泣いたらオムツをみて、おっぱいを飲ませるということを繰り返しました。

姑に「おっぱいが出てないから欲しがるんじゃない?」と言われながらも、めげずに飲ませ続けました。

そのうちに出もよくなり、卒乳まで完全母乳でいけました。

そして、その頃には私の体重は妊娠前よりもマイナス10キロになっていたのです。


後で調べてみたところ、おっぱいを飲ませることによって、母親の体の中にはコレシストキニンというホルモンが分泌されて、このホルモンはお母さんの体の下腹部、お尻、大腿部の脂肪をそぎ落とす作用があるのだそうです。

そしてそぎ落とされた脂肪が母乳の中に入っていくのだとか。


ダイエット食品や特別なカロリーコントロールを必要としない、授乳ダイエット。

これこそ、いちばん簡単なダイエットの方法なのかな?と思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41891157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

母乳ダイエットはむちゃくちゃ痩せる
Excerpt: 出産を終えた時に、真っ先に気になったのがお腹ですね。 赤ちゃんが入っていたためにダルダルになったこのお腹は元に戻るのだろうかと不安になりました。 助産婦さんやママ友から聞いた話によると、もちろん..
Weblog: 産後ダイエットに挑戦
Tracked: 2007-06-02 00:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。