産後ダイエット体操を日常生活に取り入れる

産後は、伸びてしまったおなか周りを引き締めないと、体重を減らしたとしてもブヨブヨのままです。

産後、ダイエットジムなどに通えればいいのですが、育児中はそんな時間を捻出するのも難しいです。

それで、私は子育てをしながら日常生活でできることをやっていました。

産後のダイエットの方法としては、子どもを絡めたエクササイズが取り入れやすかったです。

子どもを添い寝で寝かしつけるときに、おなかをひねらせてウエストを意識してみたり、子どもの首が座ってからは、私が仰向けに寝て子どもをおなかの上で抱っこして、「いないいないばぁ」と言いながら子どもを覗きこんだり…。子どもがグズッて泣き止まないときにはおんぶで家事をすると、かなり運動になりました。


産後直後は、自分が思っていた以上に体に負担がかかっているそうです。

自分では大丈夫と思っていても、お医者さんに運動を始めても大丈夫か診てもらってから始めた方がいいということです。

看護師さんから、出産後は自分でトイレに行くということが、一番最初の運動なんですよと言われました。

トイレに行くって普通のことだけれど、それが「運動」っていうくらい体に負担がかかっているのですね。

無理せず、自分のペースで進めていきたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。